予防歯科

なぜ予防が大切なのでしょうか?

虫歯や歯周病は一度かかってしまうと、いくら良い治療をしたとしても簡単にお口の中を元の健康な状態に戻すことはできません。しかし、しっかりと予防をしていれば、虫歯や歯周病の発症を防ぎ、治療を行う前の状態で止めることができます。そのことが、当院が予防が大事だと考える一番の理由です。年配の方は特に「今さらブラッシング指導なんて」と抵抗を感じられるかもしれませんが、できていると思い込んでいるだけで意外と磨けていない箇所があったりするものです。ブラッシング指導、クリーニング、メンテナンスが当院における予防歯科の一連の流れになっています。

「生涯の治療費が歯で決まる」という考え方

定期的に歯科医院に通っている方は、生涯の総医療費が低くなる傾向があるということが調査でわかっています。例えば認知症を例に挙げると、食べ物をよく噛むことで、頭部の骨や筋肉が動いて血液の循環がよくなり、脳神経が刺激されて脳の働きが活発になります。そのため、歯を大切にしてしっかりと咀嚼することで、認知症の予防や進行抑制に大きな効果が見込めます。また血液中の血糖値が高くなる病気である糖尿病も、まったく別の病気というイメージが強い歯周病と相互に影響を与え合っているということが最近知られてきています。糖尿病の方は歯周病が重症化しやすく、その結果血糖コントロールがうまくいかなくなり、糖尿病が悪化してさらに歯周病が悪化するという悪循環に陥ってしまいます。認知症や糖尿病以外にも、多くの全身疾患は口内環境と深い関係があることが判明しています。お口の中の環境を安定させておくことが、最終的に全身の健康につながり、一生の間に支払う医療費の軽減に結びつくのです。

かかりつけの歯科医を持つメリット

成人の方が虫歯にかかると、かなり進行してから歯科医院に来られる場合が多くなっています。また、一度治療した歯が再度虫歯になるケースが多数を占めており、かなり悪化した状態で再治療しても、その歯全体が駄目になってしまう場合もあります。その場その場で、虫歯になった時だけ歯科医院に来ている方は、歯の寿命がどんどん短くなり、ブリッジや入れ歯、場合によってはインプラントと、必要な治療も大掛かりなものになっていきます。かかりつけの歯科医院を作って定期的にお口の状態をチェックしていれば、そのような連鎖を防ぐことができます。

歯を失ってしまった後の治療

歯を失った場合の対処法としては「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」「何もしない」の4つが挙げられます。この中で最も避けてほしいのは「何もしない」ことです。歯を抜いてそのまま何もせずにいると、噛みあう側の歯が出てきてしまったり、左右の歯が倒れこんできたりと、残った歯に悪い影響が出てくるためです。「入れ歯」のデメリットは、取り外し式であるために歯ぐきと入れ歯の間に食べたものが挟まってしまうこと、種類によってはバネが見えやすいということがあります。「ブリッジ」のデメリットは、入れ歯と逆で固定式であるために、ブラッシングを徹底しなければ虫歯になりやすいこと、支えとなる左右の歯を大きく削らざるを得ないことです。「インプラント」は、糖尿病、高血圧などの全身的なリスクを持たない方でなければ実施不可能であることと、オペを伴うこと、治療費が高額になることが大きなデメリットです。歯を失った方にはそれぞれの治療法のメリット、デメリットを説明して、どの形を希望されるか選択をしていただきますが、そのような選択をしなければならない状況に陥る前に、しっかりと予防して歯を残すことを心がけることが何よりも大切です。

当院で予防治療を受けていただくメリット

当院では開業当初からPMTC(プロフェッショナルな歯のクリーニング)を実施しています。当時は周囲の歯科医院でもPMTCを受けられるところはほとんどありませんでした。現在では他院でも取り入れられるようになりましたが、PMTCの機器の先端部分については消毒して使用している医院がまだまだ多いのが現状です。当院では先端のゴムの中に入り込んだ菌はどれほど念入りに滅菌しても取ることはできないという考えのもと、全てディスポーザブル(使い捨て)にすることを徹底し、衛生面に細かい配慮をしております。予防ルームをご用意して、快適な環境でクリーニングを受けていただける点もご好評頂いております。

就寝前の歯磨きは特に丁寧に

予防でもっとも重要になるのはもちろん歯磨きですが、寝る前の歯磨きを特に大切にしていただくことをお願いしています。就寝時は唾液の分泌が減るため、歯周病菌や虫歯菌の活動が活発になります。寝る前にしっかりと歯を磨いておくことで、細菌の増殖を最小限に抑えることができます。そのため、夜の歯磨きは歯の健康を保つために最も重要な歯磨きとなるのです。朝や昼にはお仕事などで時間がなければ、夜だけでも歯間ブラシやフロスも使いながら丁寧に磨くことを強くおすすめします。

btn-common_tel.png

かきぬま歯科クリニック tel:052-762-5231 休診日 木曜・土曜夜・日曜・祝日 ※振替診療日:週内に祝日のある場合は、木曜に診療します。 △:14:30~17:00 メールでのお問い合わせはこちら メールでのお問い合わせはこちら